「三岳」にも数えられ、眺めても登っても素晴らしい山

「縄文杉より黒味に登れ!」とツウも太鼓判を押すイチオシのコースです。
頂上からの360度のパノラマは最高です。

標高1360mの淀川登山口から巨木の森を歩き始め、標高1600m程にある高層湿原「花之江河」まで来ると、目の前にそびえるのが標高1831mの黒味岳です。登山の終盤はロープで登る急登でアドベンチャー感も楽しめ、山頂からの眺めは絶景で屋久島の中心部の山々が見渡せ、おまけに宮之浦岳に比べれば半分程の距離なので、朝早く出発すれば山頂で昼寝をしたり、清流「淀川」でまったりコーヒーブレイクも可能なのんびり登山ができます。
体力指数
往復距離10.2㎞  時間8時間  標高差約1360m~1831m
 
 

新型コロナウイルス感染症対策について

 

トレッキングコース





山頂を目指すコース




山の中にキャンプ