屋久島公認ガイド 山歩(SANPO)

屋久島について

屋久島町認定 公認ガイド 屋久島山歩(SANPO)
お問合せ: 0997−46−2877

屋久島について

屋久島について、知りたいことや質問事項等はこちらをご覧ください。

屋久島について

屋久島について、知りたいことや質問事項等はこちらをご覧ください。

天候について

1ヶ月に35日雨の降る島とも言われている屋久島ですが、里の年間降水量は約4,000㍉と関東・関西の都市部の年間降水量が約1,500㍉と比べても2〜3倍の雨が降る事になります。それが山間部に入ると8,000㍉〜10,000㍉もの多量の雨が降るので、関東・関西の都市部と比べると7倍もの雨が降っていることになります。

気温について 

里と山間部での温度差の違いは、標高100m上がると0.65℃程度気温が下がっていきます。
風が吹くと風速1mにつき、体感温度は-1℃となり、雨にうたれた場合も変わっていきます。
年間降水量グラフ
 
年間降水量
※気温と雨量の合計を参照 
年間降水量(平均値)ランキング 
日本で一番雨の多いところ、雨の少ない所のランキング上5位を紹介。
年間降水量ランキング
※気温と雨量の合計を参照

装備について

登山にはしっかりした装備が必要になります。日帰りとキャンプでは装備品が変わりますので、詳しくはこちらをご覧ください。

日帰りトレッキングについて

日帰りトレッキングでは下記の装備品をご用意ください
○は必需品、△は持っていれば持参ください、-はあると便利です

装備品 詳細 必需品
ザック 15〜30Lぐらいがお勧めです
ザックカバー ザックにあわせたサイズをご用意ください
レインウエア 上下に分かれたセパレートタイプ
ゴアテックス製または、防水性に優れているものをお勧めします
軽登山靴 足首を保護するミドルカットがお勧めです
ローカットでも大丈夫ですが、雨が降った時はすぐ靴の中に雨水が入ってきます
ストック 足や膝にかかる負担を軽減してくれます。
手袋 軍手(雨天時、濡れると手が冷えます)
登山用グローブ(雨に強いタイプ)があると、防寒対策や、手を守るのに便利です 
※11月〜4月までは必需品ですので、お持ちください
折りたたみ傘 休憩時や食事時にあると便利です
ヘッドランプ 時期によっては朝が暗く、ヘッドランプを使用して歩く場合もあります
タオル・ちり紙 持ってくると便利です
携帯トイレ こちらで準備しておきます
使用した際は料金を頂きます
-
飲み物 ペットボトル500ml程度の飲料をお持ちください
昼食 持参ください
※屋久島にあるおススメのお弁当屋はこちら
お菓子 休憩中などに糖分、塩分を補給できるものがお勧めです -
常備薬 風邪薬、整腸剤、頭痛生理痛などの鎮痛剤、山道など車酔いされやすい方は持って来てください
その他 カメラ(防水タイプがオススメです) -


縦走・キャンプについて

縦走・キャンプでは下記の装備品をご用意ください
○は必需品、△は持っていれば持参ください、-はあると便利です

装備品 詳細 必需品
ザック 40L以上がお勧めです
※必需品入ればこれより小さくても大丈夫です
ザックカバー ザックにあわせたサイズをご用意ください
レインウエア 上下に分かれたセパレートタイプ
ゴアテックス製または、防水性に優れているものをお勧めします
スパッツ 防寒対策、雨天時に活躍します -
登山靴 足首を保護するミドルカットがお勧めです
※雨が降った時はすぐ靴の中に雨水が入ってきますので、防水加工が必要です
シェラフ(寝袋) 3シーズン用がお勧めです
※7月〜9月は夏用のタイプでも大丈夫です。気になる方はご予約の際にご連絡ください
シェラフマット シェラフの下に引くとクッションになり、就寝時に便利です
ヘッドランプ 両手がフリーになるヘッドタイプが便利です
ストック 荷物が重い泊りの場合、足や膝にかかる負担を軽減してくれます
手袋 軍手(雨天時、濡れると手が冷えます)
登山用グローブ(雨に強いタイプ)があると、防寒対策や、手を守るのに便利です 
※11月〜4月までは必需品ですので、お持ちください
着替え T-シャツ、下着、靴下の着替えがあると、雨天時など便利です -
洗面用具 石せっけんやシャンプー、歯磨き粉などは使えません -
折りたたみ傘 休憩時や食事時にあると便利です
トイレットペーパー 小屋のトイレにはトイレットペーパーがないので、持参ください
携帯トイレ こちらで準備しておきます
使用した際は料金を頂きます
飲み物 ペットボトル500ml程度の飲料をお持ちください
※水筒があると、保温できるので便利です
食事について 1日目の朝食は持参ください。1日目の昼から2日目の昼まではこちらでご用意致します。
※屋久島にあるおススメのお弁当屋はこちら
お菓子 休憩中などに糖分、塩分を補給できるものがお勧めです -
嗜好品 ご自身でこだわりがあれば持参ください (お酒など) -
常備薬 風邪薬、整腸剤、頭痛生理痛などの鎮痛剤、山道など車酔いされやすい方は持って来てください
その他 カメラ(防水タイプがオススメです)