屋久島公認ガイド 山歩(SANPO)

山歩blog

屋久島公認ガイド 屋久島山歩(やくしまさんぽ)
お問合せ: 0997−46−2877

2020/01/13
 
モッチョム岳

新年最初のお仕事

今年最初の三連休が最初のお仕事となりました。

新年一発目の登山は定番のコースではなく、まさかのモッチョム岳。
そして、今年最初のお客様は屋久島リピーターのAちゃん

Aちゃんの今回の屋久島来島の本命は1月12日に行われた「屋久島エコマラニック」
マラニックとはマラソンとピクニックの造語ので、マラソンよりちょっとゆるめの競技。
屋久島エコマラニックは100㎞を走るので、だいたい屋久島一周の超人イベント。

Aちゃんは今回で4回連続参加の強者参加者さん。
この手の参加者はトレランをしている方が多いようで、Aちゃんもその一人。
せっかくの屋久島で走るだけではもったいないので前後に登山をする方が多く、
大会後の登山はしんどいので足慣らしがてらの前日登山となりました。

Aちゃんにとっては足慣らし登山ですが、一般の登山者にとってはモッチョム岳はハードな山。
県道からも見え、その山容に思わず2度見し見てれてしまう山ですが、縄文杉よりハードで登山者もあまりいません。
そのモッチョム岳が足慣らし感覚はさすが100㎞ランナー。
むしろ正月太りの私がばてないか心配...。

心配しながら登山開始でしたが、心配をよそにガンガン歩け、Aちゃんにあおられながらもあっと言う間に万代杉に到着。

万代杉は樹齢3000年を超えると言われる屋久杉

休憩もそこそこでガンガン歩き新記録でモッチョム岳山頂に到着
標高940mと屋久島ではそれほど高い山ではありませんが、曇天でも絶壁からの絶景は格別。


ロープに手も使ってよじ登る急登のモッチョム岳でしたが、新記録の速さで登山を終えゆっくり温泉で明日に備えてもらいます。


翌日のエコマラニックに私はボランティアスタッフとして参加。
持ち場はスタートから50㎞地点にある栗生(くりお)集落での計測係。
ここは計測もですが、エイドステーションと100㎞だけでなく、50㎞と25㎞のコースがありそのゴールでもあります。

この日は天気に恵まれず小雨と冷たい北風が吹き荒れました。
寒いこともありエイドステーションのうどんとそばは大人気、参加者みんな並んで一息ついてました。




ここまで来るのに西部林道のアップダウンを走っての50㎞なので、かなりお疲れの選手も見受けられました。
ここでまだ半分、今日の天候と寒さもあるしみんな完走できるのか心配になります。

ゴールの最終締め切りは21時で、Aちゃんも寒さに心折れかけそうになりながらギリギリゴール成功!
その後の集計で完走率は76%。屋久島エコマラニック4回出場のAちゃんも今回が一番しんどかったとのこと。
Aちゃん完走おめでとうございます!選手の皆さんも大変お疲れ様でした。
ご参加ありがとうございました。


ちなみに翌日にエコマラニック参加者のガイドツアーもあり、100㎞走って翌日22㎞トレッキング。
翌日縄文杉のトロッコ道で出会った参加者は1日目に宮之浦岳に登り、2日目に100㎞走り、そして3日目縄文杉...。
ガイドももっとトレーニングが必要です(汗)