屋久島公認ガイド 山歩(SANPO)

山歩blog

屋久島町認定 公認ガイド 屋久島山歩(やくしまさんぽ)
お問合せ: 0997−46−2877

2018/08/16
 
太忠岳 ヤクスギランド 西部林道

予定変更の2日間

リピーターさんからのご要望で山頂サンセット・サンライズに挑戦でしたが、見事に台風が屋久島に突っ込んできそうだったので、2日間の日帰り登山へ。

「山頂で朝日が見たい!」
屋久島リピーターのMちゃんとTちゃんからのオファー。

もともとは去年の計画でしたが、ばっちり台風に鉢合わせになってしまい、屋久島行きを断念。
そして、今回こそはリベンジサンライズでしたが、見事に台風の連発にはまってしまいました。
勢力的にはヘロヘロの台風なので登山に支障はありませんが、なんと言ってもサンライズ!
まず見れそうもないので、作戦会議の結果、山泊りはやめて日帰り登山の二連発に。

1日目は車で入れる西部林道へ、この日は8月11日で「山の日」。
せっかくだから山も登りたいので、まずは西部林道の入り口にある「ふずくし山」へ。

30分で登れる標高410mのお手軽な山ですが、眺めは絶景。


見えている島はお隣の「口永良部島」、最近また活発化してきている活火山の島です。


ふずくし山を下りたら照葉樹林の森の中へ。
ランチタイムの前に沢でクールダウン。


数年前の台風で倒れたガジュマルの跡地は日当たりが良くなったおかげか、クワズイモがビックになってます。


南の島のイメージはやっぱりガジュマルかもしれませんが、屋久島はアコウの木も大きいです。


今日はこのアコウの周りに大規模のサルの群れがいました。
360度サルの群れに囲まれていましたが、ここのサルは環境的に基本穏やか。




サルを驚かさないように静かに歩きました。



2日目はヤクスギランドの奥にある太忠岳へ。
今日のお二人の衣装は屋久島で購入したお揃いの屋久島Tシャツ。


前日はなんとか持った天気もこの日は雨が降ったり止んだりで、終日雲の中。
それでも霧がかった森は幻想的で癒されます。


太忠岳の山頂は雨は降ってはいませんが、写真では実感できない暴風。
暴風にテンション上がりまくりの2人は大はしゃぎで30分遊んでいました。


テンションは上がっても、暴風で体温は下がってしまし凍えながら天柱石を見納め。



山頂で朝日を見るのを目的に、今回4回目の屋久島。
天候には恵まれませんでしたが、その状況を前向きに捉え、
なんでも楽しもうとする2人のポジティブ思考は本当に素敵でした。