屋久島公認ガイド 山歩(SANPO)

山歩blog

屋久島町認定 公認ガイド 屋久島山歩(やくしまさんぽ)
お問合せ: 0997−46−2877

2017/12/19
 
研修 島外

写真の景色は全て火山の噴火でできました。

屋久島もオフシーズンに入り、ひと段落したのでガイドの勉強会メンバーからの7名で鹿児島に研修に行ってきました。

屋久島に来てくれた方の多くは、屋久島の宮之浦岳と同じく日本百名山の「開聞岳」や、
鹿児島といえば現役バリバリの活火山「桜島」に行く方も多いので改めて現地を見ようとなり、
今回のテーマは「火山」になりました。

「開聞岳」は鹿児島県指宿市にあり、標高924m。
別名薩摩富士と言われその名の通り富士山みたいな形をしていて、
約4400年前に噴火を始め、約2500年前に現在とほぼ同じ規模の山体が完成したと言われています。
最後に噴火したのは1132年前の885年に噴火した山です。

登山前日に各々鹿児島に集結して、指宿の「民宿かいもん」さんで一泊。
朝一から登山開始。ここ数日では最高のお天気に恵まれました。
私は今回2回目の開聞岳。


道中の看板もしっかりチェック。


植物や地質の観察などしながらで3時間程で山頂に到着。
条件がいいと屋久島からも開聞岳は見れますが、この日は開聞岳から屋久島は見れませんでした。
天気はいいけど寒かったのでみんな顔がこわばり気味。

一番奥が錦江湾でその手前が九州最大のカルデラ湖「池田湖」
子供の頃は「イッシー」で大興奮でした。
奥の錦江湾もカルデラ噴火の跡、鹿児島の大地もその時のマグマが埋め尽くしたシラス台地。
火山すごいです!


下山は早足で降りて、遅めのランチへ。
同じく指宿にあるラーメン屋「TAKETORA」へ
「TAKETORA」はなんと今年の鹿児島ラーメン王のグランプリ!

みんな食べたのはグランプリになった商品「開聞岳」
とんこつに鰹節がてんこ盛りでとても美味しかったです。

せっかくの指宿なのでJR日本最南端の駅「西大山駅」へ

誰も乗車しないけどたくさんの観光客がいました。
奥に見えるのは「開聞岳」

最後は登山の疲れを温泉で癒します。
指宿といえば砂風呂なんでしょうが、「指宿たまて箱温泉」の露天風呂へ
錦江湾と開聞岳が見える露天風呂は最高でした。


1日目は開聞岳に登って火山でできた鹿児島の景色を確認しました。
翌日は桜島でマグマ博士による火山講義です。