屋久島公認ガイド 山歩(SANPO)

山歩blog

屋久島町認定 公認ガイド 屋久島山歩(やくしまさんぽ)
お問合せ: 0997−46−2877

2019/05/26
 

5月18日の豪雨災害の登山・道路情報

5月18日に発生した豪雨災害による観光登山情報が屋久島町役場のホームページに更新されましたのでお知らせいたします。

今回の豪雨災害により崖崩れなどの被害が発生したのは、「縄文杉」、「宮之浦岳」、「黒味岳」、「ヤクスギランド」、「太忠岳」などの登山口へアクセスする県道と町道の8箇所で、仮復旧は6月上旬をめどに復旧作業を行っています。

縄文杉登山、宮之浦岳登山などは白谷雲水峡登山口からのみになります。
白谷雲水峡登山口から縄文杉や宮之浦岳を目指すことはできますが注意事項があります。

◯縄文杉登山
・登山道に問題はありません。
・白谷雲水峡からの縄文杉登山は、通常の荒川登山口からのルートよりも3時間ほど多く所要し、起伏も多い健脚者向きのコースですので、十分にご計画の上、入山ください。
・縄文杉登山の中間地点にあるトロッコ道の「バイオトイレ」、「大株歩道入口トイレ」は停電により使用不能です。*携帯トイレが必要になります。
・白谷雲水峡は渡渉点があり、雨天時に入山できない場合があります。*大雨だと沢が渡れなくなります。

◯宮之浦岳登山
・登山道に問題はありません。
・白谷雲水峡→縄文杉→宮之浦岳の往復となります。1泊以上の行程をご計画ください。*1泊登山でもきついです。
・白谷雲水峡→縄文杉→宮之浦岳となります。*携帯トイレが複数個必要になります。
・白谷雲水峡は渡渉点があり、雨天時に入山できない場合があります。*大雨だと沢が渡れなくなります。

◯要注意
・白谷雲水峡から縄文杉や宮之浦岳を目指す場合は、白谷雲水峡登山口から1時間程歩いた所に渡渉点(沢を渡るとこ)があります。
ここは大雨で増水すると渡れなくなることがあります。今回の豪雨でなくとも普段の大雨でも増水し渡れなくなることがあります。
要注意はこの渡渉点が増水し入山できないことよりも、増水し「下山」できないことです。
荒川登山口が利用できないためエスケープルートもありません。
これから梅雨になり雨量も増え、沢が増水することも増えますので登山の前に天気予報のチェックをし、雨がひどそうな日は登山を控える。
もし、下山できなくなった場合に備えた装備(予備の食料やビバークセットなど)で登山に臨んでください。


詳しくは屋久島町役場のホームページに現在アクセス可能な登山道マップが表示されていますのでご確認ください。
http://www.town.yakushima.kagoshima.jp/info-living/21192/?fbclid=IwAR3IBRjKCFC1WXscZVOuQ1h1J3Xl7YDdVyRPX_5paOruBB5k-7rqQHhpZJk