屋久島公認ガイド 山歩(SANPO)

山歩blog

屋久島町認定 公認ガイド 屋久島山歩(やくしまさんぽ)
お問合せ: 0997−46−2877

2018/03/25
 
縄文杉 白谷雲水峡 キャンプ

スケッチ日和でした。

3月12日と13日で今年度一発目のお泊まり縄文杉へ行ってきました。

去年のこの頃にもその年の一発目のお泊まり縄文杉でしたが、今年もシーズンスタートしてすぐのお泊まり縄文杉。

今回のルートは白谷雲水峡から縄文杉へ行き、翌日はトロッコ道を歩いて荒川登山へ下山のコース。

ちょっと前まで雪もあって寒かったですが、この日は天気も快晴。
早朝に来るので人気スポット苔むす森も静かに堪能。


いつもと違う時間に歩くので、日差しの角度も違うのでいつもより森が明るいです。


白谷雲水峡の見処の一つ太鼓岩からの眺めも絶景でした。
奥に見える屋久島の頂き宮之浦岳の方はまだ雪が残ってました。




お昼前にトロッコ道へ出るとヤクザルさんの群れに遭遇。
せっせと新芽を食べてました。

この時期は新芽を食べにトロッコ道によくヤクザルさん達が出没します。

縄文杉へ行く最大の難所「心臓破りの階段」お泊まり装備でこの階段は大変です。


今回は天気にも恵まれましたが、なかなか会えない「カラスバト」


翌日は早朝から朝焼けの縄文様待ち。
真っ赤ではありませんでしたが、なかなかの燃え具合。


そして今回のお客様は新潟からお越しで、目的は10年前から書きたかった縄文様のスケッチ。
お泊まり登山の何よりの特典はじっくり時間をかけて縄文杉との時間を過ごせること。
じっくり縄文杉と向き合いじっくりスケッチ、そして何よりスケッチ中誰も見学者が訪れず、
静かにスケッチしていただきました。