屋久島公認ガイド 山歩(SANPO)

山歩blog

屋久島町認定 公認ガイド 屋久島山歩(やくしまさんぽ)
お問合せ: 0997−46−2877

2017/09/05
 
縄文杉

記録的短時間大雨情報

最近大雨がなかった屋久島に久々の記録的短時間大雨情報が発令されました。

9月5日、この日の仕事は縄文杉ガイド。

早朝3時に起きて準備をしていると物凄い雨の音と雷の轟音が、
でも、屋久島ではよくある状況。

予報やレーダーでは8時頃には小雨になるし、まぁ梅雨の屋久島はこんなのは日常のこと。
歩き始めにこの大雨はお客さんによってはちょっと酷かもと思っていたら、
今日の参加者さんからメールが、「物凄い雨と雷ですが、大丈夫でしょうか?」
この時はまだ大雨警報も発令されていないし、ツアーは開催可能。
でも、今回の参加者さんは事前の打ち合わせで屋久島の滞在時間も長く、
特にスケジュールも詰め込んでないとのことだったし、自分も翌日は空いていたので
参加者さんと相談し、縄文杉は翌日にしてこの日は島内観光に変更。

早朝のお迎えはなくなったので、とりあえず二度寝してもらいました。
その間早朝6時頃に屋久島は1時間に120ミリの記録的短時間大雨情報が発令。
雨雲レーダもこの時屋久島は危険色な真っ赤色に。


縄文杉の登山バスに並んだ登山者さん達はバス出発を目の前にして登山中止の悲劇。
今回はお互いのスケジュールがうまく調整できたおかげで登山バス待ちで中止の悲劇は免れました。

50年に一度の記録的短時間大雨情報でしたが、9時頃には雨も止み、
雨水も一気に海に流れ落ちるので、しばらくすると普段の日常に戻るので大雨の余韻もあまり感じられず。

翌日改めて縄文杉に行くと所々で落石や落枝がありました、
今回の大物はこちら


台風が来た後のような岩が落っこちてました。

久々の大雨に屋久島の島民も面食らった感がありましたが、
ここ最近まとまった雨が降ってなかったので、森もコケも乾いてきてましたが
ようやく屋久島らしい水々しさが戻りました。